iPhoneのタッチパネルが反応しない時の対処法5選iPhone修理工房

[カテゴリ絞り込み]:

iPhoneのタッチパネルが反応しない時の対処法5選2016-05-20 [投稿店舗]:iPhone修理工房 池袋本店 [タグ]:

いつも当たり前のように指で操作しているiPhoneですが、急に反応しなくなることがあります。そんなとき、「壊れた」と慌ててしまう前に幾つか試すべき対処法かあります。ここでは、iPhoneのタッチパネルが反応しなくなったときに試すべき対処法を紹介します。頭の片隅にでも憶えておいて、いざというときに慌てないようにしておきましょう。

iPhoneのタッチパネルが反応しない? そんなときに試すべき5つの対処法

iPhoneのタッチパネルが反応しなくなる原因は幾つか考えられるため、その数だけ対処法があります。ここでは、代表的な5つの対処法を紹介します。

1.指に息を吹きかけてからタッチしてみる

指が乾燥していると、iPhoneのタッチパネルが反応しづらくなります。そこで、指に息を吹きかけてからタッチしてみましょう。

ちなみに、指が汚れていると反応しづらくなりますので、指先が汚れていたらきちんと洗ってから操作しましょう。(汚れによっては傷の原因にもなりますので、注意しましょう)

2.タッチパネルを乾いた布できれいに拭いてみる

タッチパネルは直接指で触ることが多いので、案外汚れるものです。この汚れのせいでタッチパネルが反応しづらくなっていることがあります。そのため、乾いた柔らかい布でタッチパネルをきれいに乾拭きしてからタッチしてみましょう。

3.iPhoneを再起動してみる

iPhoneは基本的に「アプリを立ち上げすぎたせいで処理が止まる」ことが起こらないように作られていますが、希にそういった状況に陥ってしまうことがあります。もし、iPhoneを使っている最中に突然タッチパネルが反応しなくなったら、その可能性が高いです。そんなときは、iPhoneを再起動してみましょう。

4.保護シートを剥がしてみる

大切なiPhoneを守るために、買ってすぐに保護シートを貼る人は多いと思います。そんな保護シートを長い間使っていると、汚れや傷がついてきます。そんな傷や汚れのせいでiPhoneにまで指の動きが伝わらなくなることがあるのです。そうなれば、その保護シートはもう寿命ですので、思い切って剥がしてしまいましょう。

5.車やドアなどに触れた後にiPhoneを操作してみる

とても希なことではありますが、静電気を持ちすぎているとiPhoneが反応しなくなることがあります。そのため、車やドアなどに触れて自分に帯電している静電気を流した後、iPhoneをタッチしてみましょう。

まとめ

上記を試しても直らない場合、タッチパネルや制御基板が壊れているかもしれません。そんなときは、ぜひiPhone修理工房へご相談下さい。
iPhone修理工房では、パネル交換はもちろん、内部基板の修理サービスも対応できる場合がありますので、是非ご相談ください!

posted by:iPhone修理工房 池袋本店他の記事を読む

ページトップへ戻る

新着情報&お得なクーポン・セール情報 店舗別一覧もっと見るiPhone修理工房

モバイル保険で修理代金を永久補償!?
防水処理サービス
データ復旧サービス
出張&郵送修理サービス
定額SIMパッケージ
iPodのデータ増量サービス
部材の卸販売&破損パネルの買取りサービス
法人専用の修理・買取・販売サービス
中古スマホ・タブレットの買取りはモバトルへ!
スマホ・タブレットの修理・交換ならスマホ修理工房へ!
iPhone修理工房 中古携帯・中古スマホ・中古タブレットPCの販売を始めました。
古い携帯電話を持ってきてください!修理代金から値引きします!