万が一、iPhoneを水没させても困らないために ~今からできること~iPhone修理工房

[カテゴリ絞り込み]:

万が一、iPhoneを水没させても困らないために ~今からできること~2017-01-18 [投稿店舗]:iPhone修理工房 池袋本店 [タグ]:

iPhoneに限らず、携帯電話を水没させてしまった時の何とも言いようのない絶望感を味わったことのある方は多いことでしょう。実際、iPhone修理工房にも切迫した表情のお客様が多くいらっしゃいます。

この記事では、万が一iPhoneを水没させるようなことになっても慌てないように、普段から準備しておけることを紹介します。備えあれば憂いなし。不測の事態にしっかり対応できるようにしておきましょう。

日頃からバックアップをとっておく

これはiPhoneを利用する上での基本でもありますが、日頃からPCやiCloudに繋ぐなど、データのバックアップを取っておくことが重要です。

iPhoneの破損や水没でiPhone修理工房を訪れるお客様にも「ここ最近では、いつパソコンに繋いだのか覚えていない…」という人は「iCloudって何?」という人、中には「購入してから一度もバックアップを取っていない」という人もいらっしゃいます。

これでは、故障だけでなく携帯を紛失したような際には、大切なデータをすべて失うことになってしまいます。iTunesを入れておけば、基本的にケーブルを繋げるだけでバックアップは取れますので、面倒がらず、充電ついでにPCに繋ぐ癖をつけておきましょう。

防水シールを貼る

バックアップさえあれば、水没して携帯そのものが壊れてもデータが失われることは防げますが、iPhoneをはじめスマートフォンは非常に高価なものですので、できれば水没は避けたいもの。

iPhone7やiPhone7Sであれば防水機能がついているので水には強いのですが、それ以前のiPhoneは非常に水に弱いのです。そこで、簡単にできる水没対策として紹介したいのが「防水シール」。その名の通りシール状のものなので、防水ケースのようにかさばらず、普段使いもしやすくなっています。

シールでは物足りないという人向けに、iPhone修理工房では内部基盤のみに防水処理を施す「防水処理サービス」も行っていますので、興味のある方はご相談ください。

海水浴などの時は防水ケースに入れて使用する

防水シールや防水処理サービスは非常に便利なのですが、海水浴など水の近くで遊んだりすることが前もってわかっているような場合には、やはり防水ケースに入れておくのが確実です。

快適なものから、防水テストで最高ランクの防水効果を見せているようなものまでさまざまなタイプが用意されていますので、レジャーなどに備えて自分好みのケースをひとつ持っておくようにしましょう。

乾燥剤とジップロックを備えておこう

事前にいくら準備をしていたとしても、ふとした気の緩みでiPhoneを水没させてしまうような可能性は十分あります。そんな状況になった時にできるだけ素早く乾燥させられるように、iPhoneを入れる用のジップロックと、一緒に入れておく乾燥剤を自宅に用意しておくと安心ですよ。

posted by:iPhone修理工房 池袋本店他の記事を読む

ページトップへ戻る

新着情報&お得なクーポン・セール情報 店舗別一覧もっと見るiPhone修理工房

モバイル保険で修理代金を永久補償!?
防水処理サービス
データ復旧サービス
出張&郵送修理サービス
定額SIMパッケージ
iPodのデータ増量サービス
部材の卸販売&破損パネルの買取りサービス
法人専用の修理・買取・販売サービス
中古スマホ・タブレットの買取りはモバトルへ!
スマホ・タブレットの修理・交換ならスマホ修理工房へ!
iPhone修理工房 中古携帯・中古スマホ・中古タブレットPCの販売を始めました。
古い携帯電話を持ってきてください!修理代金から値引きします!