• 修理代金が無料に!端末補償サービス by iPhone修理工房 池袋本店
  • iPhone修理工房 防水処理サービス
  • スマホ・タブレットの修理・交換ならスマホ修理工房へ!
  • 中古スマホ・タブレットの買取りはモバトルへ!
  • iPhone修理工房 液晶保護フィルムキャンペーン
  • iPhone修理工房 地球の資源を考えよう。中古携帯のリサイクル
  • iPhone修理工房 中古携帯・中古スマホ・中古タブレットPCの販売を始めました。
  • iPhone修理工房 定額SIMサービス

コラム

その故障、本当に水没が原因?液体侵入インジケータのチェック方法とは

iPhoneユーザーの多くは、純正の保証であるAppleCareや携帯キャリアの保証に加入していることでしょう。こうした保証にさえ入っておけば、iPhoneに何かトラブルがあっても安心です。

ただし、保証には注意しておきたい落とし穴がひとつあります。それは、水没。水没が原因の故障には、保証は適用されません。

では、iPhoneが水没したかどうかを、お店の人はどう見分けているのでしょうか? 早速チェックしていきましょう。

液体侵入インジケータとは?

普通に使っていれば、ほとんど目にすることのないパーツなので知らない人も多いと思いますが、実はiPhoneには液体侵入インジケータ(Liquid Contact Indicator)というものが付いています。

インジケータを日本語に訳すと「測定器」。つまり、iPhoneに液体が侵入したかどうかを示す測定器ということです。

このパーツが、iPhoneが水没したかどうかを確認し、保証の適用・不適用を判断するために使われています。

2016年9月に発表、発売されたiPhone7はシリーズ初の防水仕様モデルとなりましたが、それでも液体侵入インジケータは装備されています。

なぜなら、iPhone7は確かに防水仕様ではありますが、完全防水ではないからです。実際、アップルの公式サイトでも、iPhone7は「防沫性能、耐水性能、防塵性能を備え」ているという表現にとどまっています。

これまでのモデルと同様、水没による故障の可能性は十分にあるということを覚えておきましょう。

その故障、本当に水没が原因?液体侵入インジケータ(LCI)の確認方法

液晶侵入インジケータは自分で確認することもできます。水没による故障が疑われる時は、アップルストアなどに持ち込む前に一度チェックしておきましょう。

iPhone6以降のモデルであれば、側面のスリープボタン下、SIMカードトレイの中にあります。

ピン一本あればすぐに確認できますので、水没していないという方も一度は見ておくと良いでしょう。

なお、水没していない場合は白くなっており、濡れると赤くなります。一度赤くなったインジケータは白には戻りません。

乾かそうとしてドライヤーなどを当てても意味がありませんし、むしろ不具合を悪化させてしまう可能性もありますので、絶対にやらないようにしましょう。

まとめ

水の影響でiPhoneが故障したと考えられる時には、まずSIMカードトレイの中にある液晶侵入インジケータを確認してください。

最後になりましたが、実はこの液晶侵入インジケータ、ポケットの中で汗によって赤くなってしまうこともあります。

水分はやはり機械の大敵。普段から水分には十分注意しておくようにしましょう。

トップページへ戻る

iPhone修理工房 全国の店舗一覧 代理店募集中!お気軽にお問い合わせください

Copyright ©2012 iPhone修理工房 All Rights Reserved.
ユウソリューションズ株式会社 東京都公安委員会認可古物商:第305501306122号/大阪府公安委員会認可古物商:第621010160155号